暖かくて美味しい♪ 焚火を楽しもう

趣味・娯楽

ゆらゆら揺れる温かい炎は見ていると心が安らぎますよね。

キャンプに行くと焚火は楽しみの一つです。その上さらに美味しいものを調理できるのですから焚火を嫌いな人はいないでしょう。

今回は焚火の基本についてまとめてみました。キャンプや日帰りバーベキューで気軽に楽しんみましょう!

必要なもの

焚火に必要なものは、

・火をおこしてよい場所

・薪

・火をつけるもの

・火を消す道具

です。焚火の火を利用して何かを調理するなら、それ合わせた道具を用意してください。

「火を起こして良い場所」には注意が必要です。
たまに「焚火禁止の場所」でルールを無視して火を起こす人がいます。
ですから「他の人が火を焚いているからここはOKなんだろう」と考えるのでなく、自分できちんと確認するようにしてください。

先に火を起こしていた人が帰ってしまい、残っていた自分たちだけが通報される、なんてこともあるかもしれませんよ。

薪は、秋~冬はホームセンターで購入できます。乾燥した木でないと温度が上がらず良く燃えないので「山に行くからそこで拾い集めればいい」なんて思わないでください。

薪用の木を買う方が速くきれいに燃えます。

良い火のつけ方

着火剤や新聞紙など火が付きやすいものを最初に燃やします。

どうしても自然の中ものだけで火をつけたい場合は、乾燥した枯れ葉などを集めてください。火がついたら小さい小枝を投入し、少しずつ火を大きくします。

その後は薪を重ねていくのですが、奥まで空気が入るように、すき間を大きくとって重ねていきます。キャンプファイヤーなどで見かける井型ならだれもが見たことがあるでしょう。

風を送るうちわもあれば便利です。

料理をする

炭火と違って、ボウボウ燃えているので、油断するとまる焦げになってしまう焚火調理は難易度が高いですが、その分腕のみせどころでもあります。

塊肉を買って上から吊るしてじっくり焼いてみましょう。薄切り肉も具材をはさんで巻き続ければ大きな塊になります。火のじゃまにならないように石を積めるスペースがあれば、網やフライパンも起きやすく、料理の幅も広がります。

肉をまわしながら焼ける回転台や、燻製用ドーム、など焚火用調理グッズもあるので試してみてくださいね。

防火と消火

あれば安心なのが、防炎エプロンやグローブです。レーヨンやポリエステルの服は燃えやすいので、そういった服を着ている場合は「気を引き締める」意味でも、防炎アイテムを身につけて置きましょう。
薪は最後まできっちり燃やし尽くしましょう。灰の上に砂をかけて跡が残らないようにします。

まとめ

焚火をみながらぼーっとしたり、美味しい料理を食べたり、さまざまな楽しみ方ができますね。最初から塊肉を焼くのは「敷居が高い」と思われますか? そういうときは枯れ枝にマシュマロを差してあぶるところからはじめてください。きっと焚火のトリコになりますよ!